妊娠 葉酸

MENU

超重要!妊娠と葉酸の関係とは?

 

 

妊娠したら摂取しなくてはいけない栄養素に、葉酸があります。

 

母子手帳にも妊娠中の重要性が書かれているほど、
お母さんと赤ちゃんには大きな影響があります。

 

そもそも葉酸とは補酵素と呼ばれるビタミンです。

 

補酵素とは酵素の働きを助けるもので、体内で起こる
様々な化学反応の手助けをするのが仕事です。

 

葉酸は細胞の分裂を助ける役割があるのですが、
お腹の中の赤ちゃんは細胞分裂を繰り返して大きくなっていきます。

 

その時に細胞分裂のために必要な葉酸が不足していると、
無脳症や二分脊椎などの子供の一生を決めてしまいかねない
先天性の障害が起きてしまう可能性があります。

 

葉酸を1日400マイクログラム摂取することで先天性の障害が起こる確率が
70%も低下すると言われていることから、妊婦さんには必須の栄養素なのです。

 

無脳症や二分脊椎などの先天性の障害は
妊娠初期の10週目までに決まるというデータもあります。

 

しかし、妊娠が判明するのは早くて5週目以降とも言われているため、
妊娠が判明した時にはすでに10週を超えてしまっているケースもあります。

 

そのため、葉酸は妊娠を希望している人はそれ以前から妊娠を希望した時から
摂取しておいた方が良い栄養素だとも言われています。

 

葉酸を効率的に摂取するには、葉酸サプリがおすすめです。

 

厚生労働省でも妊婦さんの葉酸不足を改善するために
葉酸サプリの摂取を推奨しています。

 

葉酸サプリで最もおすすめなのが
ベルタ葉酸サプリメントです。

 

妊娠中は、つわりなどもあってサプリメントを摂取しにくい時期もありますが
ベルタ葉酸サプリメントは、粒も大きすぎず飲みやすい葉酸サプリとして
とても人気があります。